トップ > 市販のまつげ美容液とルミガンの違い

市販のまつげ美容液とルミガンの違い

市販のまつげ美容液は、わりとどこのドラッグストアでも簡単に手に入りますし、
色んなメーカーから出ています。

まつげ下地とは違って大体が無色透明で、マスカラのような容器に入っています。
効能としては、傷んだまつげにハリとコシを与えて、表面を整える。
いわば、まつげのコンディショナーみたいなものです。

一方、「ルミガン」は、まつげを伸ばし、濃くさせる作用があります。
アメリカで販売され、この効能が話題を呼び、日本でも注目されるようになりました。
国が効果を認めている医薬品なのです。
医薬品ですので、効果も実証されているものです。
たくさん塗ればより多くの効果が得られるというものでもないので、
用法・用量を守って気長に使っていくのが正しいです。
専用のアプリケーターで塗る方がいいのですが、
使い捨てという形では簡単に使える麺棒で塗っている人もいるみたいです。

ルミガンを使用した人の感想は
「細かったまつげが太くなった」
「生え揃っていなかったのに増えて整ってきた」
「少なかった下まつげにも新しい毛が生えてきた」
「美容液との違いを実感した」

など、多くの声が挙げられています。

使い始めはなかなか効果を感じにくい場所なのですが、
根気よく使い続けていくと、実感します。
とにかく一週間は毎晩欠かさず塗るようにしましょう!
費用も、色々試すよりかはいいですし、
医薬品なのに財布に優しいので、気になって迷っている人、是非!